沖縄のパイナップルの魅力

パイナップルの糖度は10%から30%ではなく、70%から80%であるのは、それを食べた人しか理解できない。

パイナップルの糖度は70%から80%もある。

沖縄のパイナップルの魅力 販売用のパイナップルというのは、10%から30%という幅のものを収穫して販売しています。これには、農家のいろいろな事情というのがあって、イチゴなどと同様に果物というのは日持ちさせないといけないところがあって、それを無視して、ギリギリに収穫したものを食べたときに、その果実に酸っぱさがなく、とても甘く感じる果物になったりします。そのときの糖度というのは、どの果物も遥かに及ばないほどの糖度の70%から80%を示すことになり、かなりの甘さのある果物に変身できたりします。このような状態になるには、甘さの最高になる印を、このパイナップル自体が、その体から出している信号があったりします。

その信号というのは、「蜜のにじみ」といわれる物で、パインが熟しているサインとして出している証拠でもあります。ただ、この状態になってしまうと、この果実が出せる100%の状態になり、日持ちにも1日から2日しか持たなくなってしまうという状態になり、食べるには、すぐに食べないといけない状態になってしまったりします。このときのパイナップルの甘さが、この果物が出す最高の甘さになった状態で、これを味わうことが、沖縄に来るとできるということになり、この沖縄のこのフルーツを堪能できる場所というのが沖縄にあります。

Copyright (C)2019沖縄のパイナップルの魅力.All rights reserved.