沖縄のパイナップルの魅力

パイナップルを飼料として育てられた豚の肉質などを考慮して使った沖縄料理が、多くなってきています。

沖縄ブランドのパイナップルポークの沖縄料理が増えてきた。

沖縄のパイナップルの魅力 沖縄には、パイナップルを食べさせて育てた沖縄ブランドの豚というのがいます。その名もパイナップルポークといわれていて、この果肉を飼料そしてたくさん食べて育てられた豚を育てています。豚料理の代表的な料理として、酢豚という料理がありますが、この料理というのに、その果肉を使うというのには、意味というのがあって、この果肉には肉を柔らかくする働きと、たんぱく質を分解しするという働きがあって、そのために酢豚という料理に使われていたりします。このような作用があるならということで、これを応用して飼育されている豚というのは、その中に入っている酵素で、お肉が柔らかくなっており、それが、数値にも表れてわかっているところでもあります。

その数値というのは、カロリーなどが1割から2割ほど少ないのにも関わらず、ビタミンB2が約1.5倍であり、甘み成分などのロイシンやリジンと呼ばれているものが、4から5倍、不飽和脂肪酸などは2倍という数字をだしていたりしています。このように、パイナックルポークというのは、他の豚と違い沖縄ブランドの新たな種類として、その名を印象付け出してきているところがあって、沖縄料理にもこの豚を使った料理として使われ始めてきています。

Copyright (C)2019沖縄のパイナップルの魅力.All rights reserved.