沖縄のパイナップルの魅力

豚のアバラの骨付きを使い、パイナップルの果肉を切って煮込むことで、美味しいソーキ骨のパイナップル煮ができます。

ソーキ骨のパイナップル煮という沖縄の料理。

沖縄のパイナップルの魅力 沖縄で取れるパイナップルというのは、熟度がかなり高く、ジューシーで甘酸っぱさのあるのが特徴で、多くのいろいろな健康的な栄養要素を持っているのが特徴的です。この栄養要素というのは、ビタミンCやたんぱく質を分解するプルメリンが豊富に含まれており、肉料理に使用するとその中にあるたんぱく質をすばやく分解してくれるので、健康的で最適とされている食材でもあります。そのため、豚のあばら骨付きの肉を使った料理というのは、大変美味しく頂ける料理の一つであり、この豚のアバラ骨付きというのは、その果肉と一緒に煮込むことで、更に、美味しくいただくことができる料理でもあります。

さて、その料理というのは、豚のアバラの骨付きであるソーキ骨というものを使い、作るとすると、生のパイナップルを芯を先にとってから皮をとって、果肉のみにし、それを3センチに切り分けて用意しておき、改めて用意したソーキ骨にしょう油・砂糖・みりん・お酒を入れて、その後、だし汁を入れてお肉が柔らかくなるまで煮込み、それができたら、先ほど切ったパイナップルの果肉を入れて、火を通しながら煮込んだ後に、最後の仕上げとして、片栗粉を入れてとろみができたら、それで出来上がりという料理となります。これが、ソーキ骨のパイナップル煮という沖縄の料理です。

Copyright (C)2019沖縄のパイナップルの魅力.All rights reserved.