沖縄のパイナップルの魅力

パイナップルは、冷蔵庫の野菜室で保存するときは早めに食べ、冷凍室で凍らせて食べることができます。

パイナップルの保存方法とは?

沖縄のパイナップルの魅力 あの美味しい甘酸っぱさの残るなんともいえない味のパイナップルは、沖縄の果物を代表する一つになります。その果実は、通常は、農家で取ったときから、日持ちを考えて約1週間ほどでの間保存が可能の果物で、その味自体は追熟することは無く、農家で取った状態を保ち、日増しに甘くならずに多少柔らかくなり、酸味は取れるようになるくらいのもので、その果物を買ってきたら、早めに召し上がることが一番でもあります。ただ、その果物を保存しておくのは、新聞紙にくるんで、冷蔵庫の野菜室や冷暗室に入れて保存をします。また、そのときに、葉の部分を下にして、逆さにしておくことで、甘い部分がお尻にたまっているのを、散らすことができたりします。

それに、切ったばっかりのパイナップルは、その果物にぴったりとラップで包んで、冷蔵庫の野菜室に入れたり、夏の暑い日に凍らせて食べたい場合は、皮も全部はいでから一口サイズにカットをして、ラップを引いたトレイの上に間隔をあけて並べて冷凍することで、凍ってから、専用の袋に入れなおして、更に凍らせることで、夏の暑い日のフルーツとして、食べることができるようになります。このようにすることで、長期間保存が出来たりしますが、凍らせない場合は、多少日持ちの関係で、長持ちをしますが、早く食べることに越したことはない果物です。

Copyright (C)2019沖縄のパイナップルの魅力.All rights reserved.